KATO

LAB.


東京大学 大学院 工学系研究科 建築学専攻 加藤耕一 研究室

K
 
 

私たちは、西洋を中心とする建築の歴史を研究する研究室です。建築史研究は、知的刺激に満ちあふれた学問であり、建築の魅力を解き明かす重要な分野であると、私たちは考えています。

歴史上の魅力溢れる建築の数々を真摯な姿勢で研究することが、ひいては現代建築、さらには未来の建築を解き明かす建築理論を構築することにつながると、私たちは考えています。

加藤研究室では、たとえば以下のような観点から建築史の研究をおこなっています。


建築時間論

建築を竣工年代によってカタログ化(点の建築史)するのではなく、建築が時間の変遷とともにどのような変化を遂げていったのか(線の建築史)という点に着目する。「建築」:「建築家」:「竣工年」を一対一対応させがちな、近代的建築観からの脱却。

 ex. 時間のなかの建築──再利用から生じる歴史の重層性」

   (シンポジウム資料「時間のなかの建築」所収

 ex. 時がつくる建築:リノベーションの西洋建築史』

   (東大出版会、2017年

 ex. 「建築時間論──近代の500年、マテリアルの5億年」

   (10+1 WEBSITE「特集 時間のなかの建築、時間がつくる建築」2017年6月


構築と空間

構法・材料・構造といった具体的なモノとしての建築に着目しながら、単なる技術論にとどまるのではなく、空間論、建築理論まで発展させる研究方法として。フランプトンの『テクトニック・カルチャー』以降の建築史学のあり方。

 ex. 「構築術的空間論としてのゴシック建築研究」

   (『ゴシック様式成立史論』序章)

 ex. 「特集 歴史観なき現代建築に未来はない」

   (インタビュー)GA JAPAN』124、所収)


近代建築史学の再考

21世紀の現在、20世紀における建築学の常識が、多くの場面で常識として通用しなくなり、建築の現場ではさまざまな新しい試みが登場している。建築史学の分野が成すべきは、近代的建築観を一歩引いた視点から歴史的に位置付け直すことだろう。

 ex. 『近代建築理論全史 1673-1968』ハリー・フランシス・マルグレイヴ 著、加藤 耕一監訳、丸善出版、2016年

 

welcome to kato lab.

K

東京大学大学院

工学系研究科

建築学専攻

加藤耕一研究室



西洋建築史

近代建築史

建築理論



113-8656

東京都文京区本郷7-3-1

工学部1号館3階

306号室

メールを送信

時がつくる建築 

リノべーションの西洋建築史

Architecture in Time:

Survival of buildings through history and social change

加藤 耕一



内容紹介

建築の長い歴史からみれば,既存建築の再利用(リノべーション)はきわめて重要な建築的創造行為であった.西洋建築史にみられる数々の既存建物の再利用の事例や言説を読み解きながら,スクラップ&ビルドの新築主義から脱却し,より豊かな建築とのつきあいかたを示す.


サントリー学芸賞・受賞作

  1. 箇条書き項目個別の既存建物に応じた「再利用」と構築的アプローチ

  2. 箇条書き項目「強い構造」と「弱い構造」

  1. 箇条書き項目文化財という近代的価値観の相対化

  1. 箇条書き項目フレーム構造(鉄骨・RC)の発明と建築の大転換

建築時間論

  1. 箇条書き項目建築再利用の歴史

  2. 箇条書き項目「点の建築史」から「線の建築史」へ

  3. 箇条書き項目『時がつくる建築』

  4. 箇条書き項目『ロンドン大図鑑』

構築と空間

  1. 箇条書き項目構築(構造・構法・材料・デザイン)から見た西洋建築史

  2. 箇条書き項目『ゴシック様式成立史論』

近代建築史学の再考

  1. 箇条書き項目構築(構造・構法・材料・デザイン)から見た近代建築史

  2. 箇条書き項目分離派建築会と建築構造

  3. 箇条書き項目『近代建築理論全史』